​読図&ツェルト設営講習 

登山用の地形図を見て、現在地やこれから歩くルートを把握する技術を「読図」と言います。

GPSがスマホで手軽に利用できるようになりましたが、やはり地形図の基本がわかっていないといざという時に役に立たない場合もあります。また、読図ができるようになると、漠然と登山道を辿っているだけの登山よりも数倍山歩きが楽しくなり、その幅も広がります。

このツアーは、今まで登山用の地形図を見たことのない方向けの読図講習ツアーです。

地形図を読めるようになって、一歩上の登山を目指しませんか?

また、ある程度地形図の基本がわかっている方には「古道で登る!日向山登山ツアー」がおすすめです。実践的に地形図を使いながら人気の日向山を静かなルートで登ることができます。

 

「ツェルト」は300グラム程度の小さな「簡易テント」のことです。

ザックの中に常備しておけば、いざという時に山で自分の安全を確保することができお。

そのツェルトの簡単で確実な設営方法をレクチャーします。

安全に、楽しく登山を続けていく上での技術を、実際の山の中で楽しく学べるツアーですので、初心者の方から、登山中級者で読図やツェルトの張り方を再確認したい方までご参加いただけます。

*必ずご確認の上、お申し込みください。

ツアー所要時間:約7時間

 (9:15集合、15:30〜16:00解散)

  歩行距離:8km 標高差750m

登山レベル:初級〜中級

集合場所:道の駅はくしゅう

    

*小淵沢、白州エリアの宿泊施設などからの送迎可。また、あずさ1号で来ていただければ韮崎駅でピックアップ致します。要予約。

参加費:大人10,000円 

                 お支払いは現地にて。

                 現金のみ。                            

参加費に含まるもの

 ガイド料、ツェルトレンタル料、地形図、資料代

参加費に含まれないもの

 保険(各自で山行保険などにご加入ください。)

 その他レンタル品料金

参加条件及び最小実施人数

 2名様以上で実施

開催期間

​ 3月〜12月

装備・服装

 ベースプレート付きコンパス蛍光ペン2色

 ザック、登山靴、速乾性登山ウェア、帽子、ゲイター、

    レインウェア(登山用の上下セパレートタイプのもの)、

 行動食、昼食、非常食、飲み物(1L以上)、タオル、

 ヘッドランプ、ザックカバー、敷物、薄手の手袋

​ 健康保険証

 その他個人で必要なもの(常備薬、ストックなど)

​ツアーの流れ
  • 20150424_102548_edited_edited.jpg

    ​9:15 集合

    机上講習。資料やパソコンを使って​読図の基本をレクチャーします。

  • 地形図の基本

    ​地形図上で尾根や沢を把握します。

    ​地図で表現されているものを理解。

  • ​読図実施講習開始

    ​机上講習のあとは車で近くの山へ移動し、道なき森を歩きはじめます。

  • ​コンパスワーク

    コンパスも使って、これから歩くルートを確認。

  • ​コンパスワーク

    ​地図とコンパスで現在地確認の方法もレクチャー。

  • ​ツェルト設営講習

    ​簡単に、最小限の道具でツェルトを張るオリジナルの技をレクチャー

  • ​ツェルト

    ​ツェルトがあれば、雨の中でも寒さをしのぎ、休憩できます。

  • 16:00終了

    ​道なき森の中を地図を頼りに歩き、終了です。