Blog

代表ガイド 中島和也

プロフィール

八ヶ岳(山梨県北杜市)在住

群馬県沼田市生れ。

20代より登山や山スキー、カヤックなどのアウトドアスポーツを楽しむ。また、洋画家神林旅人氏に師事し、油絵や水彩画を描き始める。 

1996年

アラスカを撮り続けた写真家・星野道夫氏に出会いアラスカ行きのアドバイスを受ける。

しかし、同年8月、星野氏はロシアにてヒグマの事故により急逝。

1997年3月 

はじめてアラスカを訪れ、フェアバンクスから南東アラスカまでを旅する。

南東アラスカのシトカやケチカンでは伝統的トーテムポール作家の家に滞在。

1997年  

北極圏のシーンジェック川を3週間かけて下り、その後デナリ国立公園、

南東アラスカなどを4ヶ月かけて旅をする。

1998年〜

以降、毎年のようにアラスカを訪れ、その日数は500日以上。

グレイシャーベイ、トレイシーアーム、クイーンシャーロット諸島(カナダ)、北極海、

ノアタック川、アラトナ川、コユコック川、コンガクット川などをカヤックで旅する。

ブルックス山脈、デナリ国立公園、南東アラスカなどアラスカ各地でトレッキング。

1998年 

小淵沢にてアラスカスケッチ展開催。

2006年 

清里ネイチャーガイドクラブに入会し、登山&ネイチャーガイドを始める。

2013年3月 

アラスカオーロラツアーを企画&実施

2014年7月 

アラスカキャンプツアーを実施

2014年7〜9月

「清春 旅と空想の美術館」にて写真展『アラスカ〜原野の旅のものがたり』を開催

2016年6月 

パックラフトを使って、アラスカ北極圏のジェイゴリバーから北極海を目指すが、

川の増水のため撤退。

2018年6月 

アラスカ北極圏ブルックス山脈のカーター峠をバックパッキングで越え、カニングリバー

をパックラフトで下る。

・日本山岳ガイド協会認定ガイド(登山ガイドステージⅡ)

・静岡山岳自然ガイド協会所属

・日本レクリエーショナルカヌー協会リバーシニア指導員検定合格

・山梨県キャンプ協会理事

・総合旅行業取扱管理者