ご準備いただくもの

雪のフィールドで遊ぶことはとても楽しいことです!

まるで自分が野生動物になったように感じることもあります。

しかし、残念ながら人間である私たちは、野生動物たちのように体ひとつで雪の世界へ入ることができません。

衣類から始まり、様々なものが必要となります。

日常生活でも使えるものもありますので、ぜひ雪のフィールドを思いながらご用意いただければと思います。

わからないことがありましたら遠慮なくご連絡ください!

 

◇  ウエア  

アウターは防水透湿性のあるレインウエア等の登山用シェルを上に着ることをおすすめしています。(レンタル有り)

また、雨池コースでしたらスキー、スノボウエアでもOKです。


気象条件によってはかなりの低温になること(−10〜15℃くらい)もありますので、

アウターの下は、化繊やウールのアンダーウエアを重ね着し(アンダーウェアを2枚重ね着すると汗冷えしにくいので)、

その上に薄手のフリースを着用します。

それでも寒い場合もありますので、中厚手のフリースやインサレーション(中綿入り)ウエアを持参し気温に合わせて着脱します。

これをレイヤリングと言い、特に寒さの厳しい冬はとても大切です。

レイヤリングの詳細はサポートしていただいているブランド、ファイントラックのサイトがわかりやすいです。

ぜひご参照ください!

こちらです⇩

https://www.finetrack.com/layering/

 

冬の具体的なレイヤリングの例はこちらが参考になります⇩

https://www.finetrack.com/layering/trekking/winter/

   

     

厚手のウエアを着てしまうと、行動中は着ていると暑く、脱ぐと寒い、という状況になってしまいます。

冬山では、できるだけ汗をかかないようにウエアや歩き方を調整することが基本となります。

ダウンは濡れると保温性がなくなるので行動中の衣類としては不向きです。

ただし、昼食時間などの休憩時の防寒着としては有効ですのでお持ちの方はご持参ください。

休憩時の防寒着としてはその他に、厚手のフリースなどもおすすめです。

     

アンダーウエアは綿素材は避けてください。汗をかいて濡れると体を冷やし、危険です。

​速乾性の素材かウール素材がおすすめです。

 

◇  靴  

防水性の防寒ブーツがおすすめです。防水素材の入った登山用のブーツでも大丈夫ですが、行動中に冷たくなってしまう可能性はありますので、当社独自のネオプレン製ブーツカバーをお使いいだだくことをおすすめしています。

(靴、ブーツカバー共にレンタル有り)

ソックスも綿素材はNGです。ウール素材をおすすめします。

◇ ゲイター(スパッツ) 

靴の足首部分から雪が入らないようにかぶせるカバーです。夏用のものでも代用できます。

(レンタル有り)

     

◇  グローブ  

雪のフィールドを歩く時に最も大切なギアのひとつです。

一度指先が冷たくなるとなかなか暖めることができなくなってしまうからです。

​登山用のオーバーグローブかスキー・スノボ用のグローブで防水素材のものがよいでしょう。
ただし、サイズが小さく、きついものはNGです。

​また、必ずオーバーグローブの下に薄手の毛糸や化繊の手袋をしてください。

薄手のアンダーグローブは予備も必要です。

オーバーグローブを外してちょっとした作業をする時に素手にならないことが大切です。

(レンタル有り)

 

◇  帽子  

フリース素材やウール素材のもので、必ず耳まで覆えるもの。

 

◇  ネックウォーマー  

フリース素材のもので、寒い時にはあごまで覆えるものがおすすめです。

 

◇  サングラス  

天気の良い時には強い日差しから目を守ることが必要です。必ずお持ちください。

 

◇  ゴーグル  

風の強い時には、ゴーグルがあると快適です。

 

◇  行動食  

クッキーやチョコレートなど、ちょっとしたおやつをお持ちください。

 

◇  保温ポット  

冬でも水分の補給はとても大切です。ただし、雪のフィールドですと水が凍ってしまう可能性もあるため、

保温ボトルにお好きな飲み物を入れてお持ちください。ひとり暖かい飲み物500mlほど+水500mlほどあればいいでしょう。

 

◇  携帯用カイロ  

衣類に貼るタイプのものがいいでしょう。

 

◇  ザック  

上記のものが入る大きさのもの。登山用のもので30〜35L程度のものがおすすめです。

(レンタル有り)